手軽で便利なテント生地を活用した車庫

今や一家に一台の必需品となった自動車ですが、管理がおろそかになればたちまち劣化してしまいます。

自動車の機能面については、わが国には定期的な車検制度があるため、ある程度は適切にメンテナンスが図られるのが普通です。

しかしエクステリアのほうは、何もしなければ粉塵や大雨・大風、そして直射日光にさらされてしまいますので、その影響は無視できるものではありません。

埼玉県のフジ創販株式会社が手がけているテント生地を使った蛇腹式の車庫であれば、今ある自宅の駐車場にも簡単に設置ができ、価格も手頃になっています。

自動車の片側から片手の操作でもテントの覆いの部分が伸縮しますので、日常的な取り扱いも楽にできます。

最近の自動車には標準的なセダンタイプのほかにも、家族での旅行やアウトドアでの利用をイメージしたハイルーフタイプも多く見られます。

このような型式の違いにも対応できるだけの仕様をもつ種類が豊富にあるのも魅力です。