布団クリーニングの技術は凄いのです

布団クリーニングは今では羊毛、羽毛、和布団も可能です。

布団はダニの死骸や糞を始め、汗や尿など水溶性の汚れが染み付いています。

特にダウンの毛には多くの油分を含んでいるため悪臭やバクテリア、細菌が増殖する原因にもなっています。

布団クリーニングでは洗濯水温が50度以上になると生地の光沢、色合いが損なわれ、油分を失ってしまいます。

そこで適度な羽毛の風合いを残すためには適量の油分を残す事が必要なのです。

特にケラチンが主成分である羽毛はアルカリ洗剤は使えません。

必ず中性洗剤で水洗いをしなければなりません。

また羽毛の場合、洗濯をする事で羽毛の偏りが起きない様にすし巻き状態にした上で、洗濯機内をできるだけ移動しない様に注意しているのです。

乾燥も回転式ではなく平面乾燥機を使用して、中綿や生地を痛めない様に細心の注意を払っています。

この様に快適な睡眠を作り出す布団についてクリーニング会社は実用テストを繰り返し、最適な布団クリーニング方法を作り上げて来たのです。