デジタルサイネージを縦に利用する理由

広告宣伝でデジタルサイネージのディスプレイを設置する場合には、縦に設置する方が有利と言われています。

その理由は人間が様々な情報を入手する場合には、縦長の方が情報を入手しやすいと言う特性があるためです。

人間の視線は横方向よりも上下方向の方が移動しやすいと言う特徴があり、その原理を利用してこれまでも様々な広告宣伝や情報伝達が行われてきた経緯があり、その原理を利用することで高い効果を得られると言うことがわかっているのです。

デジタルサイネージが一般的になる前はポスターやポップ等が広告宣伝の主な方法となっていました。

その多くは上下に長い形が主に採用されており、この方がより多くの情報を迅速に見る人に伝えることができるためです。

1部には横長のものも存在していますが、この場合には全体を1つのイメージと捉える傾向があるため、細かな内容を的確に伝える事は非常に難しく、このような理由から使い分けられているのが実態です。

この会社では効果的な広告宣伝を行うために必要なディスプレイの縦型設置のスタンドを販売しています。

設置場所に合わせて高さや角度を選ぶことができ、また店舗のイメージに合わせた様々なスタイルを用意しているのも特徴です。

特に飲食店等ではイーゼル型のスタンドが好まれる傾向にあり、その形でディスプレイを設置することで非常に見やすいメニュー表示を実現することができるのです。

用途に合わせて効果的な設置を行うことを提案する会社となっています。